広島の中古車販売店です。新車・中古車の販売、車検・点検・整備、板金・塗装・修理、用品販売・取り付け、中古車買取・無料査定・無料廃車、中古車売買オークション代行、保険代理店。ご相談のご連絡をお待ちしております。
広島の車検整備 クラウディア
  • 広島 中古車
  • 広島 中古車
  • 広島 車 へこみ 広島板金
  • RE ロータリーエンジンオーバーホール
  • レンタカー 広島
  • レンタカー 広島
  • レンタカー 広島
  • レンタカー 広島
  • レンタカー 広島
  • レンタカー 広島
  • ロータリーエンジン 修理
  • 広島 板金 レンタカー 中古車
  • 広島 板金 レンタカー 中古車
  • 広島 板金 レンタカー 中古車
  • 広島 板金 レンタカー 中古車
  • 広島 板金 レンタカー 中古車
     
広島 車検 整備 クラウディア

広島 車検

広島 車検 お客様の車が国の定めた保安基準に適合しているかどうかを検査する事です。車の外観、安全装置、公害面などが現状で問題ないかをチェックします。お車を安心して使用していただく為やトラブルを未然に予防するために行います。当社では整備士資格を持った経験豊富なスタッフが丁寧な車検整備作業を行いますので安心してお任せ下さい。

中国運輸局認証整備工場

車検料金の詳細(24ケ月車検)

広島 車検 一般
車検 軽自動車 小型乗用車 中型乗用車 大型乗用車
自賠責保険 26,370 27,840 27,840 27,840
自動車重量税 6,600 16,400 24,600 32,800
印紙代 1,400 1,700 1,700 1,800
検査代行手数料 8,000 8,000 8,000 8,000
車検整備一式 20,000 20,000 20,000 20,000
消費税 2,240 2,240 2,240 2,240
合計 64,610 76,180 84,380 92,680
 

 

平成26年4月1日より、消費税が8%に変更になりました!

平成25年4月1日より、自賠責保険の料金が変更になりました!

平成24年5月1日より、重量税が変更になりました!

料金表には、初度登録から13年未満のエコカー車ではない車両の重量税額を記載しています。
エコカー減免適用車、初年度から13年以上、18年以上の経過車は重量税が異なります。
詳しくは当店までご確認ください。

 


車検整備一式の主な内容

車検整備
・法定24ヶ月定期点検
・エンジン・シャーシのスチーム洗浄(一般車検のみ)
・各ベルト類のゆるみ損傷点検
・スパークプラグの状態点検
・エアエレメント清掃
・ブレーキパッド・ディスクの摩耗点検
・ブレーキ液の漏れ点検
・ドラムとライニングとの隙間調整
・ブレーキの引きしろ・点検・調整
・ドライブシャフトのダストブーツの亀裂・損傷点検
・エンジン・ミッションオイルの漏れ点検
・タイヤ空気圧点検・調整
・パスタ(黒色塗装)(一般車検のみ)

クラウディアの車検は 点検の他、調整や洗浄などの整備費用を含んだお得なパック料金となっています。車を長く安心してお乗りいただく ためには点検だけではなく、定期的な整備が欠かせません。 クラウディアでは 部品交換の必要性が認められるなど追加費用が発生する場合は 必ずお客様に事前にお見積を提示します。 クラウディアの車検は お車をいったんお預かりします。その間は代車をご用意いたします。また お忙しいお客様のために 引き取りにもお伺い します。

車検時に自動車リサイクル料が追加で必要な場合があります。
平成17年1月1日より施行された自動車リサイクル法により、自動車リサイクル促進センターへリサイクル料を預託することになっていますが
まだ預託されていないおクルマは車検時に7,000円~18,000程度を預託いただくことになります。詳しい説明は こちらで、また 実際の預託
金額は登録番号と車台番号からこちら(自動車リサイクル促進センター)で検索・確認いただけます。

車検は一ヶ月前から受けることができます。早く受けても有効期間は短縮されませんので 余裕を持って早めに予定すると安心です。

車検整備

修理車両の引き取りは気軽にご相談下さい!

広島 車検 整備 広島 車検 整備広島 車検 整備

 
クラウディアは運輸省指定の認証工場です。整備士資格を持った経験豊富なスタッフが丁寧に修理します。
 
 
オイル交換から、エンジンオーバーホールまで、なんでも修理します。お気軽にご相談を!
 
 
最近多くの整備工場では、どんな修理でもやたらと新品部品への交換を行い、結果的にお客様の負担する修理費用が高くなっています。 クラウディアでは、修理費用をを最小限にするために、可能なら部品を交換せずまず分解・調整を試みます。 もし交換部品が必要な場合でも、安価な「中古部品」や「再生部品」への交換をお客様にお勧めします。